FAQ


対応可能な障害
Q.: スマートフォンのどのようなトラブルに対応していますか?
日本データ復旧サービスセンターは、スマートフォンのデータ障害に対応します。 間違ってファイルを削除したり、フォーマットしたりという論理障害や、 スマートフォンの機械的故障、落下や、水没などが原因の物理障害も対応可能です。 よくお問合せをいただく事例として次のようなケースがあります。

  • スマートフォンが起動しない
  • 誤ってファイルやフォルダを削除してしまった
  • 誤ってフォーマットしてしまった
  • 画像・動画データ、音楽データ等が開けない(正しく操作できない)
  • 汗や雨で水濡れ、プールや風呂でに水没
  • 落下、蹴飛ばして破損
  • ポケットやバッグ内で変形
  • ぶつけたり、踏んだりして液晶破損
  • 純正バッテリー以外を使用してトラブル
  • 通話履歴やショートメール履歴など、法的な証拠として調査

この他にも、各種トラブルで豊富な成功事例があります。
データが消えたら、まずは日本データ復旧サービスセンターにご相談ください。
このページのトップへ
初期調査の費用
Q.: 復旧できるかどうか調べてもらうには、いくらかかりますか?
初期調査は基本無料です。
(スマ―トフォンの修理を含む案件の場合は、部品代のみ発生する場合があります)
スマートフォン復旧費用
Q.: データ復旧の費用はいくらぐらいですか?
復旧料金は、データ容量や障害程度などによって変わります。
詳しくは「スマートフォン復旧費用」をご覧になるか 直接お電話またはウェブサイトからお問い合わせください。
【問合せ先】 電話:0120-194-119
復旧したデータの納品
Q.: 復旧したデータは、どういう形で送ってくれるのですか?
復旧したデータはmicroSDなどに保存してお渡しします。
支払いについて
Q.: 初期調査や、データ復旧の費用は、いつ、どうやって支払えばいいですか?
データ復旧費用は、調査結果の報告と共に復旧費用をお電話にてご報告し、注文のご意志をいただけた場合は見積書にてご案内致します。 お支払いは弊社指定口座へのお振込み、またはお手許にお荷物が届く際、宅配便の代引き*にてお支払いいただくことが出来ます。
(*=佐川急便「e-コレクト」にてお届けしますので、現金か複数のクレジットカード、電子マネー、デビットカードにてお支払いいただくことが出来ます)
対応OS
Q.: データ復旧できるOSは何でしょうか?
iOS、Android、Windows Phoneなどに対応しております。
スマートフォンの送付方法
Q.: スマートフォンをどのように送ればいいですか?
媒体は、緩衝材を使って丁寧に梱包し、精密機器輸送用等の箱にお入れになり、宅配便などでお送りください。 封筒での送付、または郵便ポストへの投函などは、輸送中の事故につながりますのでおやめください。 万一の輸送事故を防ぐため配達記録が残る方法(お問合せ番号などで追跡が出来る便)での送付をお勧めします。 帯電防止袋などで包んでいただきお送りください。

※スマートフォンをお送りになる前に、必ず一度、弊社までご連絡ください。 ご連絡なく媒体をお送りいただいた場合、すぐに作業に取り掛かれず、調査日数が延びることがございます。 スマートフォンを解体するとメーカー保障が受けられなくなる可能性があります。 配送に使われた箱や容器などは処分させていただく場合がございます。 媒体の送料はお客様にご負担いただいておりますのでご了承ください。

▼ 「精密機器専用配送サービス」

「精密機器専用配送サービス」は、ご自分で適切な梱包ができない場合におすすめします。
詳しくはこちら»
このページのトップへ
Q.: 精密機器専用配送サービス
「精密機器専用配送サービス」は、ご自分で適切な梱包ができない場合におすすめします。
詳しくはこちら»
このページのトップへ
緊急対応について
Q.: 大至急で、即日対応してもらえますか?
通常1-2週間程度の調査期間ですが、調査開始から納品まで1週間程度に短縮する事が可能です。別途、特急対応費と本調査費が割増しとなります。
このページのトップへ
スマートフォン復旧費用の見積書について
Q.: 事前に見積もり書をもらえますか?
初期調査を実施した後に、ご希望いただければ調査結果報告書とともに、ご希望のデータを復元する場合の料金をお見積書としてお出しします。その他、法人や官公庁で秘密保持契約などが必要な場合も対応しておりますので、お気軽にお問合せください。
このページのトップへ
媒体の直接持込みについて
Q.: 直接持ち込むことはできますか?
お急ぎの場合、特に重要なデータなどはセンターまでお持込みいただくことも出来ます。ただし、直接対応させていただく受付時間が決まっておりますので、ご予約いただいた方のみお受けしております。
媒体を持参されるにあたってのご注意などもお伝えいたしますので、必ず事前にお電話でご予約ください。
【媒体の持ち込み先】
日本データ復旧サービスセンター
〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-1-5 虎ノ門45MT森ビル5F
TEL 0120-194-119
このページのトップへ
障害スマートフォンの返却
Q.: 復旧をお願いしたスマートフォンは返却されますか?
データ復旧を終えた後、もとのデータが入っていたスマートフォン(障害端末)と、復旧したデータを収めたmicroSDなどの媒体をご返送します。残念ながらデータ復旧できない状況だった場合でも、お預かりした障害端末はご返却いたします。
このページのトップへ
端末修理について
Q.: こわれたスマートフォンを直してもらうこともできますか?
物理的に損傷したスマートフォンの端末修理もオプションにて承ります。
このページのトップへ
スマートフォンの廃棄について
Q.: こわれたスマートフォンを廃棄してもらえますか?
ご希望があれば、有償で廃棄処分を承ります。
このページのトップへ
証拠データの復旧(フォレンジクスサービス)について
Q.: スマートフォンの中の写真やメール情報を取り出して、証拠として利用することはできますか?
スマートフォンなどのデータを裁判で証拠として採用する場合、データの改ざん等を防止し、証拠性を確保するため、特別な手法を用いて調査を行う必要があります。Smart119.jpでは専門のスタッフによる「スマートフォンフォレンジック調査サービス」をご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。
このページのトップへ
データ復旧
スマホデータ復旧 フォレンジック調査 端末修理 タブレットデータ復旧 パートナー募集

PAGE TOP