フォレンジック調査

フォレンジック調査サービスとは?

「デジタルフォレンジック調査サービス」とは、コンピュータやスマートフォンなどのデジタル機器に残されたデータを、犯罪捜査や裁判などで有効な「法的証拠と認められる方式で抽出・調査」するサービスです。
近年、多くの事件・事故において、コンピュータやモバイル機器上のデータがたいへん重要な意味を持つようになりました。

しかしデジタルデータを「証拠」とするには特殊な専門的手順が要求されます。 弊社では、法的証拠として採用される方式で、PCなどのデータ、管理情報、アクセス状況などを「証拠保全」した上で取得。企業、調査機関、法律事務所などの皆様の事実追及をお手伝いします。

「情報漏洩の原因をつきとめたい」「内部不正の疑惑がある」「WinnyなどP2Pソフトの使用状況を調べたい」「機密情報が不正コピーされた」など、さまざまな事件に対応可能です。パソコンに残っているデータはもちろん、削除や改変などの履歴情報まで、ディスクに残っている情報のまま正確に抽出し、分析いたします。 
フォレンジック調査サービス(FSS.jp)を見る

■ こんな場合に、ご相談ください
  • 証拠データが故意に削除された。証拠保全して、復元したい。
  • 不正取引のやり取りをしたメールを確保したい。
  • 機密情報が不正ダウンロードされた。
  • 重要情報が、外部メディア(USB)経由で持ち出された。
  • 従業員の私的なネット利用(Webメール、チャット履歴など)を調べたい。
  • 会計データの作成・更新履歴で、不正会計の疑惑を晴らす必要がある。
  • ファイル共有ソフトで顧客情報が流出した。
  • 特許訴訟で、書類のタイムスタンプを証拠として提出する必要がある。

■ コンピュータフォレンジック調査の対応事例
  • 労務管理訴訟 (過労死訴訟)
  • 情報漏洩 (競合他社への情報持ち出し)
  • 不正会計 (経営層による粉飾決算)
  • 機密情報の漏洩
  • セクシュアル・ハラスメント (上司からのセクハラメール)
  • Winnyによる情報漏えい
  • 窃盗団によるカーナビ被害 (盗品である証明)
  • ウィルス被害 (感染原因・経路特定)
  • 情報漏洩 (外注先社員による不正アクセス)

■ お問合せ先
Japan Forensic Institute (日本データ復旧サービスセンター内)
電話番号 : 0120-119-312
受付時間 : 平日 9:30 - 20:00、土日祝 9:30 - 18:00
ウェブサイト: FSS.jp

データ復旧
スマホデータ復旧 フォレンジック調査 端末修理 タブレットデータ復旧 パートナー募集

PAGE TOP